歯科医師

歯科医師と一般的な医師とは少し違う

歯科医師も病院などで働く一般的な医師も、全く同じではないかと思っている人もいるでしょうが、実は少し異なっているところがあるのです。
一般的な医師の場合には、どこの診療科に勤務する場合であっても同じ医師の資格が必要になります。
それに対して歯科医師として勤務する場合には、一般的な医師の資格では勤務することができません。

歯科医師として勤務するのであれば、歯科医師の資格を持っている必要があるのです。
そのため、歯科医師の資格を取得を目指すなら、まず歯科大学や歯学部のある大学で6年間勉強しないといけません。
要するに取得する資格が異なっているのです。

さらに歯科医院として勤務するためには、1年間の臨床研修を行わなければいけません。
そんな歯科医師は他の医師と違い、年々増加傾向にあることから、資格を取得するのが難しくなっているのです。
今後は歯科医師の増加を軽減するために、難しい試験になる可能性は十分にあるので、より頑張らないと資格を取得できなくなる可能性もあるでしょう。

現在では大体70パーセントぐらいの合格率になっているのですが、それでも歯科医師はかなり増加傾向にあります。
資格を必要としない歯科助手は簡単に数の制限ができるものの、歯科医院では看護師のような仕事をしている歯科衛生士も増加傾向にあるのです。
しかも歯科医院の数自体がどんどん増加していくので、今後はかなり厳しくなっていくでしょう。

多くの歯科医師はクリニックで勤務している

歯科医師の職場は、他の医師と異なり、ある程度職場が限られてしまいます。
大半の歯科医師はクリニックで勤務しているのですが、もちろん総合病院や大学病院に歯科があれば勤務することは可能です。
しかし、総合病院や大学病院の場合、歯科が入っていないところがかなり多くなっています。

そのため、大半の歯科医師はクリニックで勤務するのですが、クリニックの数はかなり多いものの、雇ってくれる歯科医師の人数は少なくなっています。
そのため、歯科医師として活躍したいのであれば、タイミングや運も多少必要になってきていると言えるでしょう。
もし無事に就職することができれば、後は経験を積んで開業医となる道が開けるので、かなり安泰だと言えます。

ただし、歯科医師の増加に伴って、歯科クリニックもどんどん増加傾向にあるので、患者の信頼をいかにして勝ち取れるのかがとても重要になります。
評判が悪くなれば、すぐ患者は別の歯科クリニックに移ってしまうので、歯科医師としての技術や知識だけではなく、患者とのコミュニケーション能力も重要になるでしょう。
同じく歯科クリニックで勤務する歯科衛生士や歯科助手もすぐ辞めて別の歯科医院へ移ってしまう可能性もあるので、リーダーとしての能力も必要不可欠です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.