作業療法士

理学療法士に似ている作業療法士

作業療法士というのは、理学療法士とよく似ている仕事であり、基本的にはリハビリを手助けするのが仕事になっています。
しかし、理学療法士は運動や薬を使わない治療法がメインになっているのに対して、作業療法士の場合には、日常的な作業を行うリハビリ方法になっているのです。
普段の生活で行っていることが以前のように自然にできるようになるため、その手助けを行う仕事になっています。

介護士などの力を借りずに、普段の生活ができるようになるための訓練を行うのが主な仕事内容なのですが、やはり理学療法士と同じように、医師の指示の下で行う必要があります。
そのため、作業療法士だけで勝手にリハビリを施してはいけません。
普段の生活ができるようになるためということは、掃除や洗濯、料理などが思い浮かぶでしょうが、他にも手芸や工芸、園芸など趣味で行うような作業をすることもあるのです。

よって家事が面倒だという人であっても、このように自分の趣味に合わせてリハビリを行っていくことで、精神的にも癒されますし、リハビリもできて一石二鳥だと言えるでしょう。
なぜこのようなリハビリを行うのかというと、このような作業というのは指先を使います。
指先を使うことで、リラックスをする効果と同時に、徐々に体が動くようになっていくのです。

作業療法士も国家資格が必要

作業療法士もやはり国家資格を取得しないと、仕事を行うことができなくなっています。
作業療法士の資格を取得を考えた場合、作業療法士養成課程がある学校へ入学し、試験を受けて合格しなければいけません。
そうすれば作業療法士の国家資格を取得することができるので、いろいろな勤務先で仕事ができるようになるのです。

一般的に資格というのは3種類に分類されるのですが、1つ目は最も多い民間資格で、法人団体などが運営し、誰でも無条件で受験することができることが多いでしょう。
2つ目は都道府県からもらう資格で、准看護師などが当てはまります。
そして最も資格を取得するのが難しいのが国家資格であり、条件を満たさないと受験をすることができない場合が多くなっています。

まずは特定の勉強を行い、それから受験資格を得ることになるのが一般的です。
それだけ国家資格というのは勉強が必要になるということです。
では、作業療法士の国家資格を取得したら、どのようなところに勤務することができるのでしょうか。

一般的には病院に勤務することが多いのですが、病院以外では児童養護施設や老人養護施設などになっています。
特に老人養護施設での需要が高まっているので、今後はどんどん需要が増していくでしょう。
高齢者を相手にすることが多い仕事なので、相手のペースに合わせて気長に行うことが得意な人に向いている仕事です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.