理学療法士

リハビリを助ける重要な仕事

医療関係の仕事はとてもたくさん存在しているのですが、理学療法士というのも医療関係の仕事と言っても過言ではありません。
では、理学療法士というのはどのような仕事を行っているのでしょうか。
簡単に言えばリハビリの手助けを行う仕事です。

どのように行うのかは医師が指示をするので、自分で勝手に行うことができないという点では、看護師によく似ていると言えるでしょう。
主なリハビリの方法というのは、大きく2種類に分けることができます。
1つ目は運動療法と呼ばれている方法で、体を動かすことで正常な状態に近づけるという方法です。

主に骨折をしたときや肉離れをしたときなど、大ケガをしたときに用いられている方法なのですが、人間も大きく分けると動物の一種です。
そのため、適度に動くことで正常な状態を維持することや、体の能力を高めることができるので、適度に動かすことによって回復力を高めることを目的としています。
一般的なリハビリというのは、運動療法になるのです。

2つ目は物理療法と呼ばれている方法で、薬を使用しないで治療を行う方法となります。
主な方法としては、レーザー治療やマッサージなどを行ってリハビリを行っていく方法なのですが、医療機器の使用を行うため、医師との連携が欠かせません。
基本的に理学療法士の仕事というのは、他の医療関係者と連携をして行うことになるので、コミュニケーション能力が求められる仕事だと言えるでしょう。

理学療法士も国家資格の取得が必要になる

医療関係の仕事を行うためには、通常資格を取得しなければいけないことが多いでしょう。
理学療法士も例外ではなく、国家資格を取得しないと仕事を行うことができません。
そのため、まずは理学療法士課程のある学校へ進学し、試験に合格する必要があるのですが、比較的合格率は高くなっています。

しかし、理学療法士は介護関連の仕事とよく似ているところがあるため、あまり人気のある職業だとは言えません。
そのため、合格率は高くなっているのですが、人数は足りないと言ってもよいでしょう。
また、理学療法士と同じような仕事をしている専門の職業もあるのですが、作業療法士という資格を取得していることで、一部の単位が免除されるという特権もあります。

そんな理学療法士の勤務先と言えば、病院や福祉施設などが一般的になるのですが、やはり最初は病院に勤務するのがよいと言えるでしょう。
なぜなら初心者でも安心して働けるように、しっかりと研修制度を設けていることが多いですし、募集している人数も多くなっているので、採用してもらえる確率も高くなっているからです。
きちんと研修を行い、知識と技術を高めていくことができてから、いろいろな場所に転職するという人もたくさんいます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.