助産師

助産師って、どんな仕事?

助産師と聞くと、お産のときに立ち会う産婆さんのイメージがありますが、助産師は単に出産に関わるだけでなく、幅広い年代の女性の健康にかかわる専門職です。
一般的な仕事は妊娠をした女性が、無事に出産できるように体力づくりや健康づくりのアドバイスをし、いざ出産のときに分娩を介助します。
そして出産後は、赤ちゃんとお母さんの健康のケアを行います。

しかし助産師の仕事は、このような妊娠から出産に関するケア以外にも、思春期や更年期といった女性の体調が変化する時期の健康相談、不妊に関するアドバイスなど、幅広い年代の女性に対して働きかけていきます。
女性にかかわる仕事ですから助産師は、女性にしかなれない重要な職業です。

出産は女性にとって、重大な出来事です。
誰でも多かれ少なかれ悩みや不安を抱いていますし、ホルモンバランスの関係で精神的にも不安定な状態に陥ることもあります。
同じ女性として妊婦さんの不安や悩みに寄り添えるのが、助産師です。
妊婦さんが安心して過ごせるように、温かい心で接することができる人が、助産師に向いています。
赤ちゃんが好きであることは不可欠ですが、医療現場では赤ちゃんが好きという気持ちだけでは対応できない事柄もたくさん発生します。
どんなときでも冷静に対処できる、判断力も求められます。
また、陣痛から出産まで長い時間がかかりますし、妊婦さんがいつ産気づくかもわかりませんから、深夜でも明け方でも出産に立ち会う必要があります。
体力、気力ともに充実した人でなければ、なかなか務まらない職業です。

助産師になる方法は?

助産師になるためには、国家資格を取得しなければいけません。
助産師の国家試験を受ける条件として、看護師の国家資格の取得が定められているので、まずは看護師の国家資格を取得する必要があります。

助産師になる方法は、主に次の2つです。
1つは専門学校や短大、大学で学んで看護師資格を取得した後、助産師養成コースがある短大や専門学校、大学、大学院で必要な課目を履修して助産師の国家試験を受ける方法です。
もう1つは、看護師と助産師の養成コースのある大学などに入学して、看護師と助産師の両方の国家試験を受ける方法です。

助産師の就職先は主に病院や診療所、助産院、地方自治体の保健所や母子健康センター、学校です。
病院では妊婦の健康診断や妊娠中の健康相談、正常分娩の介助、妊婦さんや家族の精神的なサポート、出産後の母子の健康や育児に関するケアなどを行います。
保健所や保健センターでは、妊娠中の女性を対象とした母親学級や家庭訪問などで、妊婦の健康相談や育児相談などに応じます。
助産師は独立して助産院を開業できるので、独立を目指してがんばるのもいいですね。
しかし現状では助産院を経営している人は少なく、ほとんどが病院や診療所で助産師として働いています。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.