救急救命士

消防署に勤務するという珍しい職種

通常医療関連の職種の場合、病院や介護施設、民間企業などに勤務することが多くなっているのですが、中には変わった場所で勤務する職種もあります。
それが救急救命士と呼ばれている職種なのですが、通常救急車を呼ぶときには、119番に連絡するということは知っているでしょう。
なぜ火事のときにも119番で、救急車と同じになっているのかと疑問に感じたこともあると思います。

なぜなら消防士は消防署が勤務先になるので当然なのですが、救急救命士も消防士と同じく消防署に勤務しているのです。
消防士は消防自動車に乗って火事の消火を行うために出動するのですが、救急救命士は救急車に乗って病人を病院に運ぶのが主な仕事になっています。
医療関連の仕事で、救急救命士以外に消防署に勤務する職種はありません。

そのため、かなり珍しい仕事だと言えるのですが、消防士と同じように、一刻を争う仕事だと言えるでしょう。
1分1秒が人命を救えるかどうかの瀬戸際になってくるので、もちろんそう簡単にできる仕事ではありません。
しかも急病人を病院へ運ぶだけが救急救命士の仕事ではないのです。

では、どのような仕事を行っているのかというと、小学校や中学校などに赴いて、どのように応急処置を行うのかという指導も行っています。
さらに消防署内でデスクワークをこなさなければいけなくなることもあるので、常に出動に備えて待機しているというわけではありません。
救急車に積み込む医療機器などの整備や点検なども自分達で行う必要があるので、かなり大変な仕事だと言えるでしょう。

医療行為も行うことができる

救急救命士というのは、昔から存在していた資格ではありません。
この資格が誕生したのは1991年なので、平成に入ってから作られた新しい資格なのです。
それまでは救急隊員と呼ばれている人が救急車に乗り込み、病院まで搬送していたのですが、病院まで行く間に手遅れになってしまう人もいるので、このような事態を回避するべく救急救命士という資格が誕生しました。

通常医療行為というのは、医師でなければ勝手に行うことができませんので、看護師などが医療行為を患者に行う場合には、必ず医師の指示が必要になるのです。
しかし、救急救命士という仕事は、特定の医療行為に限定されているのですが、自分達の判断で救急患者に対して処置を行うことができるのです。
これによってかなり多くの患者が助かっていると言えるでしょう。

特定の医療行為というのは、電気ショックや特定の薬剤の投与、点滴や気道の確保などになります。
もし他の医療行為が必要になるときには、電話などで医師の指示を仰ぎながら医療行為を行わなければいけません。
当然誰でも簡単になれる仕事ではなく、国家資格である救急救命士の資格がなければ仕事を行うことができないのです。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.