管理栄養士

栄養士と管理栄養士ではどこが違うのか

どのような栄養素を摂取すると体によいのかなどの指導を行う専門の人を栄養士と呼ぶのですが、管理栄養士という言葉も聞いたことがある人が多いでしょう。
この管理栄養士と栄養士というのは、全く同じだと考えている人もいるのですが、実は異なっているのです。
どこが違っているのかというと、病人に対してどのような食事を行うべきなのかというアドバイスができるかどうか、施設に入居している人や、病気がちな人に対してアドバイスができるかという点です。

管理栄養士はこれらの仕事も可能なのに対して、栄養士の場合にはこのような仕事をすることはできません。
しかし、基本的には同じような仕事内容なので、栄養士の上級職が管理栄養士だと考えておいてよいでしょう。
簡単に言えば、准看護師と看護師のような感じです。

さらに資格の取得方法も変わってくるのですが、栄養士も管理栄養士も特定の学校に進学する必要があります。
栄養士は卒業と同時に無試験で資格を取得することができるのに対して、管理栄養士は試験を受けなければいけません。
なぜなら栄養士は都道府県から受ける資格であり、管理栄養士は国家資格だからです。

先ほど看護師と准看護師のようなものだと解説しましたが、准看護師も都道府県から受ける資格であり、看護師は国家資格です。
当然管理栄養士の方が資格を取得するのは難しいのですが、大半の人は管理栄養士の資格を取るための受験を行っています。
そうすれば仕事の幅が広がりますし、より多くの職場に就職できるチャンスがあるからです。

管理栄養士はいろいろなところに就職が可能

管理栄養士は一般の栄養士よりも就職できる職場が多くなっています。
例えばどのような場所に就職することが可能なのかというと、病人にも指導することができるので、当然病院にも就職することが可能です。
高齢者が入居しているような施設でも指導することが可能なので、老人ホームや福祉施設などでも仕事を行うことができます。

さらに民間企業や行政施設などにも勤務できますし、保育園や給食を提供しているような会社にも就職が可能です。
これだけ見てもかなり就職できるところの幅が広くなっているのですが、これだけ幅が広いということは、それだけ就職には有利ということを意味しています。
ただし、職場によって管理栄養士の仕事も若干異なってくるので、まず自分はどのような仕事をしたいのかを決めておくことが大切です。

それから本当にこの会社でやっていけるのか、どのような条件で採用してもらえるのかを調べておきましょう。
人によってはまず非正規で経験を積んでから正社員として採用してもらうために転職をする人もいます。
なぜなら近年は派遣法の改正により、今までよりも正社員になるのが難しくなってしまったからです。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.