看護師

正看護師と准看護師

看護師というのは、正看護師と准看護師が存在しています。
もちろんこの2つは異なっているのですが、何が異なっているのでしょうか。
まず正看護師は国家資格になっているので、国から資格をもらうようになります。
それに対して准看護師の場合には、都道府県から資格をもらうようになるので、国家資格を持っていないことになるのです。

しかし、現在では看護師不足の影響もあり、正看護師と准看護師では殆ど仕事内容に変わりはありません。
ただし、給料には多少差が出てしまうのですが、当然国家資格である正看護師の方が給料は高くなっています。
正看護師になるためには、看護学校や看護大学へ入学して、まずは国家資格を取るための受験を受ける資格を得る必要があるのです。

それから試験を行って、初めて正看護師としての資格を取得することができるのですが、准看護師の場合には、準看護師学校や高等学校衛生看護課へ入学すれば資格を取得できるので、正看護師よりも早く資格が取れます。
正看護師のさらに上には、認定看護師や専門看護師などもありますし、保健師や助産師になるという道もあります。

助産師は女性でなければなれませんが、その他は男性であってもなることができます。
また、最近では正看護師になる人は若干増加傾向にあるのですが、准看護師は減少傾向にあります。
そのため、看護師全体はそれほど人数が増えていないのに、患者数が激増していることから看護師不足となっているのです。

看護師の仕事はかなり多い

看護師というのは、基本的に医師の補助を行うのが仕事になります。
他にも入院患者の状態確認や検温、検査などを行うこともあるので、かなりたくさんの仕事があると言えるでしょう。
そんな看護師には、病棟勤務と外来勤務が存在しているのですが、病棟勤務というのは入院患者のための仕事になります。

外来勤務は医師の補助を行うようになるのですが、通常看護師として病院に勤務した場合、最初は病棟に勤務するのが一般的です。
病棟でしっかりと勤務してからいろいろな診療科に配属され、医師の補助や検査などを行うようになります。
しかし、看護師というのは病院以外にもいろいろな場所で勤務することがあるのです。

主な勤務先は、クリニックや介護施設、社会福祉施設や保健所、製薬会社や医療機器製造会社などになります。
勤務先によって業務内容も異なるのですが、看護師の資格を取って最初に勤務するのは病院であることが多いでしょう。

なぜなら看護師を多数募集していますし、研修もしっかりと行われるので、実戦形式で経験を積んでいくことができるからです。
もちろん他の勤務先でも研修が行われることはあるのですが、病院ほどしっかりとした研修を行うことはないので、大半の看護師は病院で経験を積んでから別の職場へと移っていきます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.