医療事務

無資格でも行える医療事務の仕事

医療関連の仕事を行う場合には、通常資格を持っていなければ就職することすらできないのが一般的です。
しかし、医療事務に関しては、資格を持っていなくても行える仕事になっているのですが、なぜ医療事務の仕事は無資格でも行うことが可能なのでしょうか。
その理由としては、医療行為を一切行うことがないからです。

医療事務というのは、受付や会計などを行う業務なので、直接患者に対して医療行為を行うことはありませんし、病人に対して指導を行うこともありません。
だからこそ無資格であっても仕事ができるのですが、実は資格が存在していないというわけではないのです。
医療事務を行うときに役立つ資格というのは、医療事務技能審査試験や診療報酬請求事務能力認定試験というのがあります。

このような資格があるのに、なぜ無資格でも問題ないのかというと、これらの資格は民間資格となっているからです。
民間資格の場合には、持っていれば当然有利になるのですが、持っていなくても特に問題はありません。
それに対して都道府県から受ける資格や、国家資格などは持っていなければ資格に関する仕事を行うことはできない場合が多いのです。

医療関連の資格もそうですし、自動車の運転免許も当てはまります。
ただし、一般的な事務とは異なる部分も多いので、やはり勉強をしっかりと行い、さらに勉強を行ったという証明をするためには、資格を持っていた方がよいでしょう。
資格を持っていることで、採用してもらえる確率も上がります。

いろいろな雇用形態で勤務している

医療事務というのは、大半が正社員となっている医師などとは違い、いろいろな雇用形態で勤務しているのが特徴です。
もちろん正社員として勤務している人もいますし、契約社員や派遣、アルバイトやパートで勤務している人も多いと言えるでしょう。
そのため、決められた日でなければ勤務できない、決められた時間内でなければ勤務できないという人でも働けるようになっているのです。

ただし、最近では派遣法の改正によって、正社員がどんどん減少している反面、派遣で働く人が増えています。
よって働き方に自由度が増しているとも言えるのですが、逆に正社員としてしっかりと働きたいという人には就職が難しくなっているのです。
医療事務とは言っても基本的には会社の事務のような仕事もあるので、現在でも女性の方が多くなっています。

女性が多いからこそいろいろな雇用形態で採用しているのですが、最近はパソコンを使う業務が中心となっているのはどこでも一緒です。
そのため、パソコンのスキルを求められることもあるので、医療事務関連の資格だけではなく、パソコン関連の資格を持っていると就職で有利になるでしょう。
パソコン関連の資格もいろいろと存在しているので、興味がある人は調べてみてはいかがでしょうか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.