歯科

他の医師との互換性はない

診療科として次に紹介するのは「歯科」についてです。
ただ、この歯科というのはこれまで紹介してきた診療科とは少々意味合いが違っています。
というのも、ここまでに紹介してきた診療科というのはすべて「医師免許」によって診療を行うことができる診療科であったためです。
これに対して歯科というのは「歯科医師」という特別な種類のものとなっており、他の診療科の医師と互換性があるものではありません。

歯科医師は歯科しか見ることができませんし、医師は歯科を見ることができないという関係となっています。
そのため、免許の取得においても方法が違っている点に注意しなければなりません。
基本的には歯科医師免許の方が取得はしやすい内容となっています。(全診療科の研修を受ける必要もありません。)

他診療科の場合、自分の診療科とは関係がない病状であっても診療しなければならないという義務がありますが、歯科と麻酔科については例外となっています。
この場合、他の診療科の患者が来た場合には見ることができませんし、独断で治療を行うと処罰の対象となります。

また、一口に歯科といっても実は4つの診療科に分かれています。
まずは「一般歯科」と呼ばれるもので、これが多くの人が利用する歯科となるでしょう。
次に「矯正歯科」があり、これは反対咬合のような噛み合わせの問題を解決するための歯科となります。
さらに「小児歯科」という子供を対象にした歯科と、「歯科口腔外科」という歯だけではなく、口腔内の病気についても専門的に診療をする歯科があります。

最近ではこれらに加えて、美的な治療を行うことを専門とする「審美歯科」や、高齢者を対象とする「高齢者歯科」なども登場しており、分類が細かくなっています。
いずれにせよ、口腔内と歯を中心に診療を行うことは変わりません。

歯科の診療内容

それでは、歯科においてはどのような診療が行われることになるのでしょうか。
まず、最も多くの人が歯科に掛かる理由であるのが「齲蝕」の治療でしょう。
齲蝕というのはいわゆる「虫歯」のことです。

歯の表面部分が虫歯菌によって侵食をされてしまい穴が開くことにより、内側の神経部分にまで到達することで痛みを生じる症状となります。
基本的には痛みが主な症状ということになりますが、放っておくと虫歯菌が血液に入り全身に入ってしまうことで、死に至る可能性すらある「実は恐ろしい病気」でもあります。
甘く見ずに治療を行う必要があるでしょう。

最近では「インプラント」も歯科の治療の一つとしてよく行われるようになっています。
顎骨に対してインプラントを埋め込むことにより、従来の入れ歯などに比べて格段に使いやすい人工歯として注目を集めています。
ただし、治療費の高さなどにはまだ課題があります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.