精神科

問診がメインになる診療科

現在診療科の数というのはかなりたくさん存在しているのですが、その中には精神科と呼ばれている診療科も存在しています。
精神科は他の診療科とはかなり異なっている点があるのですが、一般的な診療科の場合には、まず症状を聞いてからどのような状態なのかを医師が確かめ、それから詳しく検査を行う、もしくは治療を行うというのが一般的です。
一通り終わったら薬をもらって帰宅というパターンが多いでしょう。

それに対して精神科の場合には、治療や検査というのはあまり行いません。
最もよく行われているのは問診になるのですが、精神科を受診する人というのは、肉体的な病気ではなく、精神状態が正常でない人が受診を行います。
例えばうつ病や無気力症状が長続きしている人などが多いと言えるでしょう。

そのため、家族が患者を引き連れてくることも多いですし、精神的な病気の場合には、検査や治療よりもカウンセリングが重要になるのです。
精神科を受診する場合には、問診を行ったら薬をもらって帰宅というパターンが最も多くなっているのですが、精神状態がおかしい原因が一般的な病気の可能性もないというわけではありません。
そんなときには詳しく検査を行う必要がありますが、やはりメインとなっているのは問診なのです。

似たような診療科も存在する

最近はいろいろな診療科が存在していることから、似たような診療科も存在しています。
よく精神科と同じような診療科だと思われているのは、神経科や神経内科ですが、これらの診療科は神経の病気を診る診療科なので、精神科とは全く異なっています。
よく似ているのは心療内科なのですが、もちろん異なっている点もあるのです。

精神科というのは、精神状態が正常でない場合に受診する診療科ですが、心療内科というのは、精神状態が正常でないことで、いろいろな症状が出てしまったときに受診する診療科になっています。
例えば今までは何事にも精力的に取り組めていたのに、現在では何もやる気が起こらない状態が長く続いているという場合には精神科を受診するのが一般的です。
しかし、何もやる気が起こらない状態が続くようになってから、肩こりや疲れが取れない、下痢や便秘の症状が出るようになったという場合には心療内科を受診します。

このように精神状態が以前と異なってしまったことで、病気と思われる症状が出たときに心療内科を受診するのです。
もしどのような診療科を受診するのかが分からないという場合には、事前にいろいろと調べておくことで、いざというときにどこの診療科を受診するべきなのかがわかるようになるでしょう。
最近はストレス社会と呼ばれていることで、精神科を受診する人の数がかなり増えているので、精神科の数も増加傾向にあります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.