外科

歴史は長い

外科も内科と同じように、よく聞く診療科の一つでしょう。
しかし、こちらについても内科と同じく、そのままでは該当している範囲が広すぎる診療科でもあります。
外科というのは「治療法」を示しているものであり、どのような部位の治療であるにしろ、「外科的治療」行うものについては外科として扱われることになります。
それでは、そもそもこの「外科的治療」というのはどのようなものなのでしょうか。

外科というのは元々「手を使って行う治療」という意味でギリシアから始まったものだとされています。
すなわち「手術」を用いて治療を行うこと全般を外科的治療ということになります。
この外科治療の歴史は長く、面白い内容が含まれています。

というのも、元々外科というのは医学の内容として認められないことが多い診療科でした。
16世紀のアメリカにおいては医学は内科のものであると考えられており、外科医というものは職業として成立していなかったのです。
そのため、外科治療については「理容師」が行っていました。
これが現在のバーバーを象徴する「回転看板」のモチーフになったと言われています。(諸説ありますが、赤は動脈、青は静脈、白は包帯を意味しているとも言われます)

東洋医学においては14世紀頃にはすでに外科治療というものが医療の一部として認識されていました。
しかし、この時代においてはまだ診療科という考え方があったわけではなく、原始的な治療であったと言えます。

外科の分類

また、現代においてはこの外科は様々な分野に細分化が行われるようになりました。
中には現在では別の分野として独立しているものもあり、外科の持つ意味がある意味では狭小化してきていると言えます。

まずは「一般外科学」と呼ばれるものです。
これは腹部や消火器に対する外科治療を行う診療科の分野となっています。
国内では消化器外科という名前が付けられることもあります。
さらに細分化し「食道外科」や「大腸肛門外科」というような分類が行なわれているケースもあります。

次に「乳腺外科」というものがあります。
これは乳房や乳腺に関わる内容を中心としている外科となります。
さらに「内分泌外科」や「小児外科」「胸部外科」など、部位に応じて外科学が存在しており、すべてが外科の一部として扱われることになります。

独立した外科学としては、頭蓋内の大脳小脳や脊椎などの外科治療を行う「脳神経外科」や、四肢や脊椎の外傷を治療する「整形外科」、表面の損傷治癒を行う「形成外科」などが代表的なものとして挙げられます。
いずれも共通しているのは外科的治療をすることであり、内科と双璧をなす「二大診療科」であるといえます。
ちなみに医師免許の取得のためには全員が全診療科の研修を必要としているため、外科研修は全員が行っています。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.