呼吸器内科

肺など呼吸器の病気を診療する呼吸器内科

呼吸器内科は肺や気管支などの呼吸器の病気を診療する内科です。
咳や痰がでる、呼吸困難、呼吸をすると胸のなかでヒューヒュー、ゼーゼーといった音がするなどの症状があらわれたときに呼吸器内科で診てもらいます。
健康診断などの胸部レントゲン検査で異常が分かることも多い病気で、呼吸器感染症や気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺がん、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群など病名がつけられている症状は、たくさんあります。
病気を診断する際の検査も多岐にわたっており、レントゲン撮影をはじめ気管支鏡検査、CTガイド下生検や局麻下胸腔鏡検査、CTスキャン、MRI検査、アイソトープ検査、血液ガス分析、肺機能検査、痰の検査、睡眠時無呼吸検査などが行われます。

呼吸器内科が扱う主な病気

肺がんの治療では早期発見が第一ですから、検診などで異常が発見された患者さんに対してなるべく迅速に検査し、治療方針を決定して治療を進めていきます。
治療方針は主治医が決定しますが、最新の検証結果に基づく抗がん剤治療を中心に放射線療法・化学療法などを組み合わせた治療を行います。
必要な場合は呼吸器外科と連携して手術が行われることもあります。
また、がんに伴う症状を和らげたり、体力を向上させたりするために漢方や鍼といった東洋医療を取り入れている病院も少なくありません。

COPDは一般的には肺気腫とも呼ばれていますが、喫煙習慣などによって肺のなかにいくつもある小さな袋が傷んで、呼吸が苦しくなる病気で、近年、患者さんが増加しているとして注目されている病気です。
症状を緩和するために気管支の拡張剤を使ったり、腹式呼吸などを行うためのリハビリ、自宅での酸素療法などか行われます。

睡眠時無呼吸症候群も睡眠が妨げられて、昼間に突然居眠りをして交通事故などを起こすことがある危険な病気です。
中高年の男の1~4%が睡眠時無呼吸症候群と推測されており、自宅で寝ている様子をモニタリングして病気であるかどうかを確認し、重症の場合は陽圧人工呼吸などを使った治療が行われます。
また、重度の呼吸不全を発症している患者さんに対しては、集中治療室で人工呼吸管理が行われます。

呼吸器内科で働くスタッフの心がまえ

患者さんは高齢の方も多く、慢性的な疾患に悩まされている人も少なくありません。
また、肺がんの患者さんもいますので、特に末期の患者さんに対しては死を目前に控えていることに十分に配慮した、手厚い対応が必要となります。
患者さんに対するケアはもちろん、ご家族に対しても精神面でサポートする姿勢が求められる診療科です。
患者さんのQOLを高め、少しでも快適に過ごせるよう配慮することも大切です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.