がん薬物治療科

がん薬物治療科とは?

がん薬物治療科では、がんの患者さんに対して、抗がん薬を使った治療を行っています。
がんの治療には最先端医療を含む幅広い知識や、優れた技術力が求められます。
治療効果を上げるためには抗がん薬による治療のほか外科手術、放射線による治療などトータルに治療を行っていくケースも多いため、他の診療科との密接な連携が欠かせません。

日本人の2人に1人ががんの経験者といわれるほど、がんは身近な病気です。
がんと闘いながら仕事や日常生活を送っている人も多く、効果的で副作用の少ない治療法の開発も日々進められています。
このようながんと闘っている人のために勉強会や交流サロン、就業に関する相談など精神面に関するさまざまなサポートも行います。

がん治療に関しては多くの人が研究に取り組んでおり、ゲノム解析やICTの導入などで、これまでの医療とは異なる試みが行われるケースも多く、日々新たな発見がある診療科です。

がん薬物治療科が扱う主な病気

主な診療対象は胃がんや大腸がん、食道がん、肺がん、膵臓がん、頭頸部がん、胆道がん、原発不明がん、希少がんなどさまざまながんです。

胃がんの治療ではTS-1という薬とシスプラチンという薬を併用する療法や、カペシタビン、シスプラチン、トラスツズマブを組み合わせた化学療法、タキサン系やイリノテカンという抗がん剤を用いた二次治療などが行われます。

大腸がんではmFOLFOX6やXELOX、ベバシズマブ、セツキシマ、パニツムマブという薬を組み合わせた治療や、レゴラフェニブ、ロンサーフなどの抗癌剤による治療などが行われるほか、肝動脈内注入化学療法が行われることもあります。

食道がんではシスプラチンと5FUを併用した放射線化学療法などが行われます。

膵臓がんではゲムシタビンやTS-1を使った治療やFOLFIRINOX療法、放射線を使った化学療法などが行われます。

どの部位のがんなのか、進行状況はどうなのか、副作用などを考慮しながら患者さん一人ひとりに最適な療法を主治医が選択して、患者さんに十分な説明を行いながら治療が進められていきます。
また、大学病院などでは、がんの新薬や新しい治療法の研究も熱心に進められています。
特にがん薬物治療科を設けている病院には大学病院が多く、がんが発生するメカニズムの解明、がんを早期に発見する方法、レーザーを使った治療法、副作用の少ない薬物療法などなど研究分野も多岐にわたっています。
医療と同時にがんについての研究も行っていきたい人は、大学病院のがん薬物治療科スタッフとして働くのもおすすめですね。
薬に対する知識や、悪性腫瘍に対する幅広い知識が身につきます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.