研修医で気になること

研修医の平均月収

研修医を目指す人が気になることの一つに、勤務体制などのほかにお給料のこともあるかと思います。
研修医における平均の給料額は月収にして約18万円、年収では約320万円となっています。

一部では研修医は一般的に半人前のドクターなのだから給料を受け取ること自体が
おかしいといった妙なクレームも立っているのです。

実際過去には研修医は給料が発生しないのでもらえないというシステムだったのが、
近年では臨床研修における制度が改変されたため上記のような給料の水準へと変わりました。

見習いとはいえ研修医も確実に社会へと貢献しているので見合った給料を貰う資格は
もちろんあると思います。

研修医の一般的な給料の相場額は月収にして18万円程度なので、
これは大手の上場企業における新卒の初任給とほぼ同等であると考えられます。

年収の320万円はボーナスを含んでいるようですので、
よっぽどぜいたくな暮らしをして散財しない限り生活において困るという事はないでしょう。

しかしながら、国公立の大学病院となると指導料として給与が引かれる場合も
往々にあるようで月収の手取り額が10万円という方もいるようなのです。

研修医とはいえ、給料がそれほどまでに安いと生活がきついのですが、
地方で医師が不足して困っている病院については研修医といえども給料が
毎月30万円程度支給される病院というのもあるそうです。

また研修医のアルバイトは禁止されています。
研修医としての仕事の内容は、基本的な部分として医師もしくは歯科医師の補佐的な役割が多く、
医師について見習いの業務だと考えるとよいでしょう。

ですのでもちろん一人前の医師などよりもその仕事の内容は大幅に制限されていますが、
ここから実務の経験をどんどんと積んでゆくには非常に効率的なのだと考えられます。

病院で勤務できるようになるまで

研修医として病院で勤務できるようになるには、まずは大学の医学部を卒業して、
その後の医師の国家試験の合格が必要なのですが、研修医というは俗に言われている
インターンというものとは少しばかり意味合いが異なっているようです。

研修医のなかでも評価が格段に高い人の場合は給料としても年収にして400万円くらいになると
言われています。

研修医になったばっかりの最初のうちは右も左もわからない状態で、一生懸命やってきた
国家試験の勉強も全く役に立たないという状況に愕然としてしまう人もいるでしょう。

こんな状況でこの先医者としてやっていけるのだろうかととても不安を感じることもあるでしょう。

しかし、経験を重ねてゆくうちに、同じような症例が積み重なってゆき、それによって要領がだんだんとわかってきて、仕事が徐々にこなせるようになって、毎日自分がきちんと成長していっているのが感じられるのではないでしょうか。

それもすべて、そこまで根気よく指導してくれる指導医の先生達や看護師さん達のおかげなのです。

色々な科をローテートしてゆくと、それぞれの科の先生達が、自分の専門としている領域の
とても深い部分まで理解しているということが見て取れます。

その道の専門家になるいうことはこういったことなのかなと、自分の将来の像をイメージしたりすることができるのではないでしょうか。

将来においてなんらかの専門分野を目指している人にとっては、大学病院における研修というのも選択肢の中でも有力なものの一つだと考えられます。

しかしながら、疾患や病態に対する考え方や対応方法が各科で異なることがあります。
それらを学びながら、「本当に正しいことは何か?」ということを常に考え、教科書を調べたり、研修医仲間や上級医に質問するということを積極的に行っています。

そして、専門家の意見を求め、自分の知識向上へとつなげています。
様々な最終決定権は研修医には与えられないことが多いのですが、自分だったらこうしよう、ということを考えることは大切だと思います。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.