製薬会社で働く

製薬会社で働く

医学生や現役の医師中でも、製薬会社への就職を考えている方も少なからずいるのではないでしょうか。
製薬会社で働く期待や疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

実際に医師達が製薬会社でどのような仕事を行っているかというと、それは大きく3つに分けられます。
「臨床開発」「市販後安全性評価」「マーケティング」です。

臨床開発は新薬開発において医師の見解を指し示すものです。
主に治験で集まった情報を解析したり、厚生労働省への文書の作成などを行ったりします。

そして新薬を発売後にその副作用を調査するのが市販後安全性評価です。
臨床現場から実際に上がってきた副作用や、その他の情報の解析などが主な業務になります。

また、マーケティングは、新薬が臨床現場で有効に使用できるよう調査や改善を行うことをいいます。
それには医師の見解から、より専門的な薬品情報を臨床現場に伝えるという目的もあります。

製薬会社で働く魅力としては、新薬を開発することでより多くの人達を救えることでなはいでしょうか。
ひとりの医師が診察や治療を行う患者数にはどうしても限度があります。

そのような中、より画期的な新薬の開発や販売をすることができれば、直接診察や治療を行わなくとも一度に大勢の患者を救えると考える医師もいるでしょう。
そして製薬会社への就職を志す医師が増えているのです。

製薬会社で活躍するメディカルドクター

製薬会社に勤務する医師のことをメディカルドクターといいます。
昨今では医師から専門的な医学のアドバイスを受けるため、新薬の研究開発に医師を積極的に採用している製薬会社があります。
その理由としては、新薬の開発に「世界同時開発」が求められることがあげられます。

外資系の製薬会社は、日本と文化や社風が異なる外資でも通用するよう「医師が薬を開発する」という思考を持っています。
医学的な専門知識や経験を豊富に持つメディカルドクターが新薬の開発を統括することで、質の高い新薬を迅速に開発できるのです。

製薬会社が医師を採用する際に重要視するのは、やはり応募者である医師の専門領域や適性でしょう。
面接に進む前の書類選考で採用対象者がかなり絞り込まれるのが実際のところです。
また、厳しい書類選考を通っても、その後の面接は複数回あり、難しいものであります。

面接では医師のコミュニケーション能力やリーダーシップ、協調性が問われます。
これはメディカルドクターは薬剤師などのチームスタッフの統率や、医療情報担当者へのアドバイス、厚生労働省技官との交流を行っているからです。

さらに外資系の製薬会社の場合、医学博士を取得していると有利になるといわれています。
治験などの臨床研究の実績がある場合も有利になるでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.