産業医として企業で働く

産業医として企業で働く

医師の中には、病院や診療所ではなく、一般企業でその企業の労働者の健康管理などを行っている者もいます。
その医師のことを産業医といいます。

産業医の主な仕事は労働者の健康診断ですが、日常の衛生管理や衛生教育、健康を害するものの調査なども行います。
一般的な医師とは異なる仕事内容といえるでしょう。

産業医は「労働安全衛生法」という法律に基づいて、労働者が健康で快適に職務を行えるよう専門的な医学情報から指導や助言を行います。
以前は工場などの危険をともなう職場環境から労働者を守る現場指導者としての役割が強くありましたが、最近ではストレスなどからくる精神面での健康管理に注目されているといわれています。

産業医は医師なら誰でもなれるものではありません。
労働衛生コンサルタントの試験に合格する必要があるのです。

また、研修を受けることで産業医になる方法もあります。
その研修は日本全国各地で行われており、公益財団の医師会などが主催しています。
だいたいにして1ヶ月に1度は行っているようです。

産業医の研修内容は様々であり、感染症やウイルス感染の予防対策や、企業において健康を害する化学物質の概要などを学びます。
これらはあくまでも企業の労働者の健康管理を目的に行われているのです。

そうして資格を取得すると、企業との間に産業医契約を結び、働基準監督署に届けを出します。
これで、晴れて産業医として働くことになります。

産業医契約は、個人契約なら給与扱い、医療法人なら業務委託契約が可能になります。
個人事業主であるか法人であるかによって、契約は異なるのです。

産業医は治療を行わない

産業医は、一般的にはあまり治療をしないといわれています。
一般的な医師は患者の状態だけを考えて診察や治療を行いますが、産業医は職場環境が患者に与える影響を考えたり、反対に患者が同僚や職場に対して与える影響を考え助言をします。

産業医は医学の知識はもちろん、労務紛争に関する法制度や仕事環境の変化、セクハラやパワハラなどの職場の社会的な問題に対応する知識が求められます。
一般的な医師には必要のない分野でも学び続ける必要があるのです。

また、産業医が抱える問題として、労働者が自身の健康問題について正直に話さないというものがあります。
これは、健康問題を抱えていることで労働者が左遷や雇用を切られることになりかねると危惧してしまうからといわれています。

そのため、産業医にはコミュニケーション能力も必要とされるのです。
企業全体の健康を管理している産業医ですが、やはり労働者ひとりひとりを診ることも大切でしょう。

産業医求人の探し方

産業医の求人は一般の求人とは異なり、あまり公に募集がでていることはありません。
特に実名を堂々とあげて募集しているところは少ないのです。
産業医の求人は非公開求人が多いのが特徴です。

では、どのように産業医の求人を探すのかというと、医師専門の求人サイトを利用するといいでしょう。
医師専門の求人サイトに登録して情報収集するのは、最適な情報を得るのに適しています。
非公開の産業医の求人情報を多く持っている求人サイトもありますから、探してみるといいですね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.