厚生労働省で働く

厚生労働省で働く医師

医師として働くには、患者の診察や治療、臨床や医学研究の他に、医学の知識や技術を活かして行政にかかわる働き方もあります。
その中で、厚生労働省で働くという道があるのです。

厚生労働省は日本の医療や保健、衛生などを管轄している国家の省庁です。
厚生労働省で働くには、1年間医師としての研修を行い、それを終えた後に厚生労働省に入省するのが一般的とされています。

厚生労働省で働いている人々はいわゆる役人ですが、その中でも医学の知識や経験をもっている医師が医学界や医療現場などの制度とのインターフェイスを担っています。
医学の知識を持つ行政官ということでしょう。

一般的な医師は患者の診察や治療行為、医学研究を行うのが仕事ですが、厚生労働省で働く医師はそのようなことを行うというよりも、医療を専門とした行政官、いわば官僚ということです。
厚生労働省で医学的な分野で働くには、やはり専門的な知識や技術が求められますから、もともと一般的な医師として働いていた者が転職してくるという場合もあります。

医系技官という働き方

厚生労働省で働く医師は「医系技官」という役職で呼ばれます。
医系技官は厚生労働省内で業務を行うことはもちろん、国が運営している医療機関に派遣されるなどして、医師として働くこともあります。

具体的には、医療政策の立案に関わったり、社会福祉などの向上や環境整備などを行っています。
これは、医師ならではの立場から物事を思考し、それを審議会などの議論に活かします。

その議論の結果が国の医療政策や法案、予算案の立案に繋がります。
それらを立案する者が必ずしも医療現場に熟知しているとは限りませんから、現場的な物の見方や立場ができる医師が必要になるのでしょう。

医系技官として厚生労働省で働くには、日本国籍と医師免許が必要です。
これは当然のことといえるでしょう。

医系技官の応募資格には研修の完了、もしくはその見込みのある者に限定されています。
さらに研修だけではなく、実際に医師として勤務してきた者がその経験から有利であるといわれています。

研修のみで採用されることが難しいというわけではありませんが、医師としてある程度の経験を積んでから厚生労働省で医系技官として働く、という流れの方が現実的でしょう。

また、厚生労働省は医系技官にかんする説明会も開催しており、具体的にどのような業務を行っているかなどを新卒予定の者や研修医、現役の医師などに説明しています。
さらに厚生労働省の公式ホームページには現職者の声も掲載されているため、参考にしてみるといいでしょう。

その他にもインターンシップも募集しているため、実務を経験することもできます。
対象者は在学中の大学生や大学院生に限られていますが、興味のある場合は参加してみるといいですね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.