勤務医として働く

勤務医として働く

病院や診療所などの医療施設において被雇用者として診療を行うのが勤務医です。
勤務医は雇用形態や勤務形態から、大きく2つに分かれます。

まず、正規のフルタイム職員として医療施設で勤務している医師を「常勤医師」といいます。
そして、正規のフルタイムではなく、限られた日時に限られた職務のみを行う医師を「非常勤医師」といいます。
非常勤医師の多くは、派遣契約やアルバイト契約により診療が行われています。

常勤医師の雇用形態

常勤医師は医師として最も大衆的な勤務形態であり、1日8時間程度、1週間で32時間勤務すると常勤医師として認められます。
また、常勤医師は正規雇用になるため、社会保険などの福利厚生に加入することができます。
給料の面でも安定しており、万が一勤務先の医療施設が閉業してしまった場合でも、失業保険をもらえるのです。

しかし、常勤医師は常に病院に縛られ、夜間における当直勤務や、休日でも緊急の連絡が入ることもあるかもしれません。
それにより、過酷な勤務条件に縛られることになり、心の休まる時間がかなり少なくなってしまうのが現状です。

非常勤医師の雇用形態

一方で、非常勤医師は自分の都合に合わせて勤務することができ、肉体的にも精神的にも疲労を軽減することができます。
さらに、医師不足が問題視される昨今では、非常勤医師でも待遇の良い医療施設もあるのです。
これは医師専門の求人サイトなどをから探せるため、参考にすると良いでしょう。

また、求人サイトの他にも、求人情報誌や公的な職業相談機関から探すこともできます。
その他にも医療機関のホームページから探す方法や、知人や上司に相談してみるのもいいでしょう。

非常勤医師は手当がつかないため、自分で確定申告を行わなければいけないことを除けば、働きやすい形態であるといえます。
当直をした場合の手当に関しても、常勤医師より非常勤医師の方が倍近く支払われることもあるほどです。
また、複数の医療施設を掛けもちしたり、様々な分野で勉強として診察を行うこともできるため、多くのことを学びたい医師にはおすすめの雇用形態です。

掛けもちや異なる分野での雇用を希望する場合も、医師専門の求人サイトを利用するとスムーズに雇用先を見つけられるでしょう。
また、常勤医師として正規雇用ではたらき、非常勤医師としてアルバイトとして働くという方法もあります。
それもまたメリハリが生まれていいのではないでしょうか。

勤務医としての雇用形態の選び方

常勤医師と非常勤医師にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
どちらにもメリットはありますが、患者の立場で考えると常に医療施設にいる常勤医師の方が信頼できるのかもしれません。
メリット・デメリットを考えるとキリがありませんが、やりがいや患者のことを考えて雇用形態を選ぶのもいいかもしれませんね。
そうすることで答えも出やすいのではないでしょうか。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.