保健所で働く

保健所で働く医師

医師として働く勤務地に、保健所があります。
医師というと病院や診療所に勤務しているイメージが一般的ですが、保健所にも医師の働き口はあるのです。

保健所医師は、患者への診療はもちろん、地域の健康問題や健康課題にも取り組んでいます。
これを学ぶために、多くの自治体で専門的な研修を受けられる制度があります。

地域の健康問題や健康課題に取り組むためには、疫学的な技術が必要とされます。
また、病気の予防法や健康管理の技術を学ぶため、関係機関と円滑に調整するためのコミュニケーション能力も必要でしょう。
これらもまた、多くの自治体の専門的な研修で学ぶことができます。

保健所は患者個人の健康管理だけではなく、地域住民全体の健康管理や予防対策を担っています。
保険所医師は医師としての専門的な知識や技術はもちろん、疫学的な公衆衛生技術と共に、行政管理の知識も必要です。
行政マンとしての能力も身につくのが保険医師の特徴でしょう。

このように、保険医師が対象にするのは幅広い大勢の人々です。
ひとりの医師で対応できる範囲には限りがありますから、保険医師になると様々な職種の人と幅広く仲間になることができるでしょう。

公衆衛生医師としての働き方

保健所で働く医師のことを公衆衛生医師とも呼びます。
地域保健に携わり、公衆衛生についての技術を学び、役立てるのです。

公衆衛生医師は、地域保健に貢献できる他、公衆衛生制度の確立に役立つことができます。
それが形になったときに得られる達成感も魅力のひとつでしょう。
また、様々な人との出会いがあるため、多くの仲間ができます。

公衆衛生医師として保健所に勤務するメリットとして、緊急時以外は原則として土曜と日曜の勤務がないことがあげられます。
また、産休制度や育児休暇制度も充実しているため、保健所で働く医師は女性が多いのも特徴です。

保健所が行っていること

保健所は医療機関や医師会と調整し、感染症や食品衛生等の広域的業務、精神難病対策や医事薬事衛生等の専門的な業務を行っています。
広域的な食中毒やウイルスによる感染症の対策や自然災害などからの健康危機管理も行い、地域全体の住民の健康管理をしているのです。
そこで働く保険医師や公衆衛生医師は、より多くの人々を救える医師として活躍できるでしょう。

また、地域の義務とされている特定健診や特定保健指導等の生活習慣病対策、乳幼児健診等の母子保健事業も行っています。
さらに、がん対策等の、より地域住民と密接した事業も行っているのです。

このように、保健所は地域に密着して地域全体の健康管理に取り組んでいます。
医師として、地元や特定の市域に貢献したい者にはおすすめの働き方といえるでしょう。
多くの仲間と協力して多くの人々を救えるのは、医師としてやりがいのあるものではないでしょうか。

保健所のホームページや医師専門の求人サイトを利用して、保険医師としての働き口を探してみましょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.