過酷な研修医

研修医は大変

研修医というのは、医大を卒業して、医師免許を取得したドクターが各病院という医療の現場で「研修」を行っているドクターの事を研修医といいます。

研修中といっても、医師資格を取得した医師には変わりはないのだから、それ相応の給料が支給されていると思いがちですが、それがそうでもないです。

これは私が20年ほど前に、総合病院で勤めていた時に聞いた話ですので、当時(時代はバブル)の相場を考えながら、聞いてください。

私が高卒で頂いたお給料は10万円程度でした。
当時としても「少ないな」と感じた金額でしたけど、あるドクターから聞いた話によると、研修医の人のお給料もその程度の金額だというのです。

私は最初は信じられませんでしたけど、そのドクター自身が経験をしたきた話なので、嘘でも作り話でもない事はすぐ納得しました。

研修医の人のお給料は私たちが思っている程、多くはなかったのです。
そのため、研修医の人は他の病院の宿直や日直という「アルバイト」をするというのです。
私が勤めていた病院でも、研修医の方が日直や宿直の「アルバイト」に来ていたので、その話も真実だったのです。

研修医の方は「アルバイト」としてお金を得る為、と経験を積む為に宿直や当直をする。そして常任のドクターは日々の加重労働の疲れをその研修医の人が、日直や当直をしてくれることで、ご自身の回数が減るので疲れを癒すことができるということなのです。

これはどちらにもメリットがあり、「ウィンウィン」というもののような気もしますが、やはり何かが違うような気もします。

研修医は難関試験の医師国家試験に受かった人

それは、例え研修医といえども、難関な医大に入学をし、医師になる為に私たちでは考えられないような勉強の日々をこなしてきて、最大の難関である「医師国家試験」に合格をした人が「医師」となるのであって、研修医もその「医師」なのです。

そのように努力と苦労をして「医師」となった研修医の人たちが、アルバイトをしないと生活ができないというような、低賃金で研修期間を過ごさなければならないというのは、何か釈然としないのです。

やはり「医師」なのですから、それ相応の賃金を支給し、アルバイトをせずに生活が成り立ち、そのアルバイトの時間をご自身の医療技術と知識の向上のために使って頂けたらと思うのです。

まぁ、その医療技術の知識の向上の場が、アルバイト先だと言われてしまえばそれまでなのですけど…

そして、これは20年前に私が聞いた話なので、現在は改良をされているかというとそうではありません。
10万程度という金額こそ時代に合わせて増えてはいるでしょうけれど、研修医の方々が「アルバイト」をしなければならない、「アルバイト」をしているという事は、今も変わらずに行われていることなのです。

もう慣例なのかもしれませんけど、やはりこのような慣例が続いてはいけないと私はやはり思います。

ですから、研修医の方の毎月のお給料を、アルバイトをせずに賄うことができるだけの金額に向上をして頂きたいと思っています。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.