医者になるための研修医

国家資格が必須

日本においては医師として患者を診療・治療するには、国家資格である医師免許を取得することが必要です。
病院または診療所にて医師の仕事をするためには、この国家資格である医師免許を試験を受けて取得しなければなりません。

この医師免許を取得するためには、国が認可している医学部や医科大学を卒業している事が
何よりもの前提条件となります。

例えば、弁護士になるためには別に法学部を卒業してなくともよいのですが、
医者は絶対に医学部の卒業生でないと試験が受けれないため医師となることはかないません。

医者になるには、国の認可の下りている医学部を卒業して、医師国家試験を受験します。
この国家試験に合格したのちに2年間の現場における卒後臨床研修を受けます。

卒後臨床研修というのは、よく聞く言葉で言えば「研修医」として病院で実際に勤務する事です。
言ってみるならば医師見習いとしての期間ということです。

アメリカなどの諸外国では早くから研修医の制度は医師になるためには必修としていましたが、
日本では遅く、ようやく2004年度より研修医として医師になる前に実際に働く事が法律によって
義務とされる事になりました。

なお、研修医というのは別の名でジュニア・レジデントとも呼ばれることがあります。
そしてこの卒後の研修医の期間中に、内科・外科・小児科などの自分の進みたいと考えている
診療科を正式に決定します。

意外と考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、医学部の在学中には自分のやりたい
専門の分野を決めてしまうことはなく、医学としての分野をひと通りすべて学びます。

研修医の期間は、自分の進むべき診療科を決めるためにも重要な期間であるとも言えます。
そして勉強の結果興味のある分野をある程度絞って専攻を決定し、その興味のある分野で研修医として実際に働きながらその分野における自分の適正があるかどうかを判断して最終的に自分の進む診療科を決めて行きます。

しかしながら、昨今の日本は深刻な医師の不足が続いております。
東京や大阪といった首都圏や近畿圏では医療法が定めている所の大体9割前後の充足率を達成していますが、中心部から離れるほど充足率は低下し、充足率最低の所である青森ではわずか4割程度に過ぎないのが現状です。

これは、田舎や離島、過疎地域といった場所での勤務を希望する医学部の学生がとてもに少ないことが1つの原因です。

僻地への勤務を選択することで学費免除が行われている自治医科大学であっても、卒業生の6割近くが学費の返済を条件として大都市圏内の病院を選択しているのが現状です。

産科と小児科の医師不足

その中でも特化して少ないのが産科と小児科の医師不足はです。
というのも、産科や小児科というは、どの医者も口をそろえて「最も過酷な診療科だ」と答えるほどつらい仕事だからです。

産科についてはご想像いただけると思いますが、
24時間いつでも対応しなくてはならない診療科です。

妊婦さんが何時に産気づくかは誰にも分からないので、産科の医師は医者の中でも
不規則な生活を強いられてしまいます。そのことが医学部の学生から
敬遠されてしまう最大の原因なのです。

小児科は産科ほど医師の生活が不規則になるわけでもないですし、
だからといって人の命に関わるような場面も少ないです。

しかも近年の少子化の進行状況を考えると、楽なのではないかと思われがちですが、
現実はまったく違います。

なぜなら、どんな家庭でもひとたび子供のことになると、
親というのはは人が変わってしまうほどのものだからです。

例えば火傷などをして、その跡が残ってしまったとします。
大人であるなら仕方がないと半ばあきらめられるものですが、これが子供となると「医者の腕が悪いせいで、子供に傷が!」と親からこじつけで恨まれることが多くあるのです。

子供への親の愛情というものは、理解はできますが、小児科の医者にとって往々にやっかいなものだとも言えるです。

小児科の医師は、その医療の内容からは想像できないほど、精神的にとても堪える診療科であり、医学部の学生から敬遠されてしまいがちなのです。

日本の医師不足への問題解決のため、医師会、あるいは専門家などが様々な方法を検討しています。
例えば僻地対策としては、現在全国一律の診療報酬となっているのを地域毎に新しく設定しなおして、医師の少ない地域の診療報酬を手厚くして保護するなどの案を唱えている学会もあります。

確かに報酬は一つの動機付けとなるでしょうが、もし仮に給料の何割か高くなったとして本当に僻地勤務を希望する医師が増加するのかは、少々疑問があるところです。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.