研修医になろう

幅広く興味を持とう

これから研修医になる人は、研修医の間に将来のためにやっておいた方がいいことは何か、
気になるのではないでしょうか。

研修医として医療の現場で経験できることは医師になってからもなんでも無駄にはならないと思います。
最初からあまり自分の興味を限定せずに幅広く興味を持つ方がいいでしょう。

そして研修前に学んでおくべきことは特別なことはなにもないのです。
また、仕事のできる研修医と仕事がダメ研修医の違いは何かというと、評価されるできる研修医というのはは自分で考えることができる、ということではないでしょうか。

研修先を決めるときには教育環境,特に指導医が充実していることを重要視したらよいかと
思います。大学病院で研修したいのですが、1年目を外病院、2年目を大学病院にするか
1年目大学病院、2年目を外病院にするか迷う人もいます。

両方のメリットとデメリットといえば、大学病院はどちらかというと専門医指向で、
その他の研修病院は幅広く臨床を学ぶのに適しているといえるでしょう。

自分の目指す領域に応じて2年目の研修先を決めれば良いのです。
研修の教育方針などは病院側によって違いますが、 診断から治療まで各領域のエキスパートがそろっており、幅広い医学の習得が可能である病院が研修には望ましいでしょう。

画像だけでなく、それを通じて患者さんを診ることを重視した教育を行っている病院はいいですね。
初期研修に対するアドバイスといえば、ローテートの利点はいろいろな科で経験できること。
いろいろな出会いを大切にすることでしょう。

大学病院で研修するメリット・デメリットも知っておいたほうがいいでしょう。
メリットは各領域のエキスパートがそろっており,最新の医療が学べるということ。
そしてデメリットは救急の症例が比較的少ないということでしょうか。

研修医でいるうちに身につけておくべき手技・知識でこれは必ず!というものは、しいて言えば
日本語と英語といった語学でしょう,それに解剖学で学んだ知識は研修医となってからも重要です。
臨床経験と知識をできるだけ身に付けてほしいところです。

小児医療にも注目

研修医の方は小児医療に注目してみるのもいいでしょう。
小児科の医療現場は現在危機にさらされているとニュースなどで報道されています。

いまや地域医療におけるしくみや医学の教育状況のさまざま部分における問題点が
たくさん出て来ているのが現状です。

日本の重症な病に悩まされているこどもたちの多くを救うことが可能になった一方で、
こういった病に悩んでいるこどもたちの医療に携わっている小児科の医師の慢性的な疲労は
どんどん蓄積しています。

救急の医療の現場における問題も以前より指摘されています。いわゆる「コンビニ診療」の需要が
増加しており、一般の病院や救急のセンターにおける役割について問い直しが行われようと
しています。

様々な課題を抱えていてもなお、小児科の医師はこども達の健康に関する診療に日々励んでいます。それは、全ての小児科の医師がいつもこどもたちの健やかな暮らしにとって絶対必要とされるべき存在だからです。

「こどもは日本の未来である」と、とある小児科の医師が言った言葉がありました。
まったくその通りでしょう。

こどもたちを無事に育てるには、コストパフォーマンスなどでは測ることのできない、とても高い志が必要なのです。
小児科の医師が時として愚鈍なまでにこどもたちに優しく、そして熱心なのは、未来であるこどもたちに日本の希望を見いだしているからなのです。

小児科の診療は、咳や鼻水のでるこどもを診察することから、気管の挿管を必要とする救急の医療、
そして幅の広く深い知識ととても深い洞察力が小児科の医師に要求される慢性の疾患診療、
そして病気の大本である本態に迫ってゆき、知的好奇心を十分に満たしてくれる医療の研究と、
まったく実に幅の広い範囲をおおく網羅しています。

これらの小児科医の仕事は時につらく、そして厳しいものですが、
その一方で実に充実しており楽しくかつよろこびのまったく多いものです。

研修医に「こどもの病気をきちんと診ることのできる医師」となってもらいたいですね。
こどもの病気は多くの場合、比較的わかりやすいしくみで発症します。

大人と違って複数の病気がからみあって複雑に影響し合っているということはあまりありません。
したがって、病気のこどもを良く診察して、適切な検査を行えば、後は深い洞察力と知恵がものを言う領域です 。

病気の診断に至るプロセスの醍醐味は小児科ならではのものがあります。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Comments are closed.